トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、業者によっても違ってくるかもしれませんが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    そうは言っても、売却予定になってから車検を行ってもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に上乗せされることはないので、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定サイトを使うときに短所になることと言ったら、一括査定サイトに登録されている会社から一度に電話攻勢が始まることでしょう。

    自分からサイトを利用してアプローチしたわけですから、一口に悪いことだと片付けられません。

    でも、非常にしつこく困ってしまう場合には、現実的に売却予定が立っていなくてももうすでに売却してしまったのだと言うことがうまく電話攻撃をかわす手段のひとつと言えますね。

    「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる元となってしまいます。

    しかしながら、修理歴のある車が全部同じように修理歴車になるわけではないのです。

    車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。

    しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    見積りの結果に納得して実際に売却する手続きに入ると複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので注意してください。

    どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかに自賠責保険証、リサイクル預託証明書、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは認め印で済むので印鑑証明書も要りません。

    思い立ったら時間を問わず可能なのが、ウェブの中古車査定一括サービスです。

    一店ずつ回ったら相当な手間になる複数業者の査定額を1度の手間で手に入れることができるので、比較検討が格段にラクになります。

    けれども欠点を挙げる人もいます。

    それは電話連絡です。

    夜遅い時間に査定サイトに登録したところ、夜間受付や24時間OKという業者から夜中にもかかわらず営業電話が殺到することがあるからです。

    勤務中にかかってくるのも困りものですし、ネットで連絡先を登録する際は気をつけましょう。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

    修理歴等を偽って深刻する行為は業者を騙すのと同じことで、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は法律上では告知義務違反に相当する大問題で、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    自動車購入を考えている人が多い時期が、売却側にとっても高値取引のチャンスと言えるでしょう。

    需要の高まりと同時に供給も多くなければいけませんから、それにつられて買取価格も上昇していきます。

    俗に決算月と呼ばれる3月と9月はその他の時期よりも販売店側は車を売ることに真剣になっているので、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

    さらに9月は、夏のボーナスが出てから時間も経っていないため中古車の売れ行きはアップするのでお勧めの季節ですね。

    自動車売買に関する手続きの全てを他人に頼らずに自分の手で行える知識と時間があれば、個人売買で自動車を売る方法が一番双方にとって得をする方法です。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが名義変更に関することとお金に関することです。

    名義変更関連は、決められた日にちまでにきちんと名義変更の手続きを行うように念書を書くこと回避できます。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとして二回目以降は支払いが滞ることがないように、一括払いだけで対応することでトラブル回避できます。

    所有者が自分名義でない車でも手間はかかりますが売れないことはありません。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    意外とよくあるパターンとしては相続などで故人が車の所有者として登録されている場合、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。