トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    原則的に、車査定において絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと授与されないので、中古自動車査定士の資格があれば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということの証明になると言って良いでしょう。

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう軽い傷や細かなへこみは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、あまり神経質になることはありません。

    反対に、爪がかかるくらいのキズや明らかにへこみがある場合、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、それを回避するために自分で直してもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    売却予定の車を査定する基準というのは、その車の走行距離や年式、事故歴があるかないかや、内装および外装の状態などです。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、事前にしっかりと掃除することで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、最初に断っておくべきです。

    これらの査定基準を確認してから、その車のオークションでの査定相場を考慮して、売却予定者に提示する最終的な査定額を決めるのです。

    車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、実際に車を見てみなければ何とも言えません。

    もし改造に使用したパーツが市場でも人気の品物ならプラス評価になる場合もあります。

    けれども残念ながらパーツの劣化が激しい場合は修理や撤去の必要もあり、業者としては手間がかかりますから、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。

    また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、買い取って販売することを目的とする業者としては、迷わず減点対象にするはずです。

    減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。

    過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、ケース別に判例が多すぎてなんとも言えません。

    個人間で調整したとしても保険会社としてはその部分については保険対象外とすることが殆どです。

    裁判を起こすことも考慮しつつ、弁護士と対応を話し合う必要があります。

    一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、この車は何年落ちだなどと言います。

    基準になるのは製造された年ではなく、初めて登録した年から数えるので気をつけてください。

    高年式の車ほど査定額は低くなっていくものですから、10年落ちの車などは元の価格とは比べ物にならないほど安くなってしまいます。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、買う側から見ればその中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

    車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、見積金額が高くなることが期待できます。

    さらに、定番カラーであるシルバーはボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

    反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、その中古車の査定額が高く見積もりされることはないのです。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、買取から売却の間に車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。

    自動車を買取専門店などに出す場合、査定項目の中にはタイヤの溝の残り具合もチェックするようになっているので、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    しかし、売却する前に新品のタイヤに変更しても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    でも、履いているタイヤがスタッドレスならば、実査定を受ける前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、減点対象になってしまうことがほとんどですから。

    見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、売却のために査定に来てもらってもタダ同然の価格になってしまうのがほとんどです。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    解体業者への持ち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手元に残ります。

    そのほか、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、納得のいく方を選ぶことが大事です。