トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、非常に大きく関係するのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど査定額はどんどんダウンします。

    総走行距離数が5万km以上の車は「多走行車」と呼んでいて、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は過走行車という名称で呼ばれ、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    WEB上で確認できる車の査定額は、あくまでも簡単な査定方法にて見積もった金額です。

    自分と全く同じ車種の同じ年式の車だったとしても、一台一台ボディや内装の状態などは異なりますから、その車ごとの査定額は車を目で見て確認しないと算定することは不可能です。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が必ずしも実買取時に同じように示される訳ではないので、気を付ける必要があるでしょう。

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう幾分かのキズや微細なヘコみなどは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、あまり神経質になることはありません。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり大きなへこみがあるケース、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、査定が低くなるのを避けるためにたとえ自分で修理しても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

    車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、たくさんの加盟店からの電話連絡が入るでしょう。

    現物を確認しなければ見積額は決まらないから、「すぐにでも伺いたい」「訪問の時間を決めたい」と、先着順と言わんばかりの勢いです。

    状況を説明しても執拗に何回も電話攻勢をしかけてくる担当者もいるみたいですから、目に余る場合は別の会社と契約してしまったと答えるのが効くみたいです。

    あるいは電話でなくメール連絡のみというところに限定して見積りを出すというのもお薦めです。

    忙しい人には便利なのが24時間アクセスできるウェブの中古車査定一括サービスです。

    車で直接行っても時間がかかる複数店舗の査定金額を、たった数分の入力で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

    ただ、不便なところもないわけではありません。

    それは電話連絡です。

    夜遅い時間に査定サイトに登録したところ、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに連絡先の電話番号に電話がかかってきて家族中が迷惑したという声もあります。

    業者はいち早く連絡をとりたいと思っているのでやむを得ませんが、登録する電話番号は選んだほうが良いでしょう。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、いわゆる過走行車という扱いになり、業者に査定に来てもらったところで、タダ同然になることが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    新車購入時に今まで乗ってきた車の方をディーラー下取りに出すことがあります。

    同時に売却と購入ができてしまうため、わざわざ別の中古車買取店に売るのと違い、時間も労力もかなり減らすことができます。

    そのかわり、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくといった違いがあります。

    利益は多い方がいいというのであれば、少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。

    中古車査定をするうえで、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    修理の腕に長けていなければ、一見するとキレイになっていてもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

    自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良い訳ではないので勘違いしないようにしましょう。

    修理した事による査定額アップはあまり期待できず、結果的に損をする形になる可能性が高いからです。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買取業者などに売却することは可能です。

    まず売買契約に必要な書類のほかに、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、こうした書類を揃えることは不可能ですから、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合は売るのは簡単なことではありません。